年代別審美歯科

20代からの審美・ホワイトニング

20代という年代は、自分の容姿や身だしなみを人一倍気にする世代と言えます。審美歯科を受ける20代の半数以上の人が「見た目をよくしたい」という理由で歯科医院にいらっしゃっています。ヘアスタイルやファッション、ダイエットなどに関心が高いので、同様に口元も美しくしたいと考えているようです。

どれだけ完璧に外見を整えたとしても、歯が黄ばんでいたり欠けていたり、あるいはすきっ歯だったりすると、その人の魅力は半減してしまいます。また、なんとなく口元が気になって思いきり笑えないという方もいるかもしれませんね。

審美歯科を受けることで、見た目を美しくできるだけでなく、見た目が気になることによるコンプレックスもすっきりと取り除くことができます。若い時だからこそ審美治療・ホワイトニングを受けて、内面からも明るい、本当の美しさを手に入れてみませんか?
当院では、20代の方には「デュアルホワイトニングコース」 をオススメしています。

デュアルホワイトニングとは

デュアルホワイトニング料金

30代からの審美・ホワイトニング

30代で審美歯科を受ける方は、男性ではビジネスのため、女性ではビジネスや育児・地域のお付き合いのためにという理由が多いようです。職場や取引先などで口元が気になってしまうとビジネスを成功させられないと心配すると同時に、相手に好印象を持たれたいとお考えの方が多いのでしょう。

また、家庭を持ち子どもが生まれると、子どもを通じて歯の大切さを実感し、自分の歯もきれいにしたいと感じるようです。そしてPTAなどの集まりにおいて他人からの印象が気になり、審美歯科を受診される方が多くいらっしゃいます。

20代の頃は忙しくて歯のケアが十分にできなかった方や、ワンランク上の美を実感したい方、今から審美歯科を受けてさらに素敵な大人を目指しませんか?
当院では、30代の方にはセラミックとプラスチックを掛け合わせた被せもの「ハイブリッドセラミック」 をオススメしています。

ハイブリッドセラミック料金

40代からの審美・ホワイトニング

育児に手がかかることも少なくなり、経済的にも時間的にも余裕が出てくるのがこの世代です。そのため、もっと自分のことに気を遣ってみようかな?という方が審美歯科を受けていらっしゃいます。
また、加齢に伴って黄ばんだ歯があるといったお悩みが多いのも40歳以降の特徴です。旧友と再会する同窓会や趣味・習い事の場などでの交流もあるでしょう。そんな時のために、変色・着色した歯をきれいにしませんか? もちろんこれは、精神的な健康を維持するためにも非常に大切なことなのです。

歯科医院に対してよいイメージがない方、長年通院されていなかった方へ。現在は新しい技術が発達しており、予想以上の治療効果が得られる場合があります。ぜひ、お気軽にご来院ください。
当院では、40代の方にはオフィスホワイトニング、または、擦り減りがなく変色もない被せもの「セラミッククラウン」をオススメしています。

オフィスホワイトニング料金

セラミッククラウン料金

50代からの審美・ホワイトニング

50代になると、口元やお顔全体など、どうしても以前のような若々しさからだんだんと遠ざかってしまいます。特に、口元はその人の印象を左右する重要な部分。コンプレックスになり、新しいコミュニティで会話したり食事したりするのがおっくうになってしまうことも。

歯の健康や口元の見た目だけでなく、お口周りも気になりはじめるのがこの年代。高級化粧品を使ったスキンケアやフェイシャルエステに意欲的に取り組む方も多くいらっしゃいます。実際に、美容に気を遣っている方と特に何もしていない方とで、肌年齢に大きな差が出るのがこの年代のようです。

当院ではヒアルロン酸やプラセンタ、ルミキシルを取り扱っています。いつまでも若々しい口元でいるために、ぜひ一度試してみませんか?

当院では、50代の方には、口元周りの美容のヒアルロン酸「プラセンタ」、または「ルミキシル」をオススメしています。

ヒアルロン酸・プラセンタとは

ヒアルロン酸・プラセンタ料金

ルミキシルとは

ルミキシル料金

ページ上部へ戻る